他人が作成したデータを開いて、画面を下に動かすと、一部しか見られず困ることがありますよね。例えば以下のように、データ一覧が見づらくなってしまうパターンです。
セル固定解除前

「ウィンドウズ枠の固定」が設定されていると、画面が固定されます。すると、ワークシートの全体が把握できず、データを見逃してしまう可能性があります。

そこでこのページでは、「ウィンドウズ枠の固定」を解除する方法を紹介させていただきます。

1.ウィンドウズ枠固定の解除を使う

まず、エクセル画面上部メニューの「表示タグ」をクリックします。
「表示タグ」をクリック

表示が切り替わったら、「ウィンドウズ枠固定の解除」をクリックしてください。
ウィンドウズ枠の固定をクリックウィンドウズ枠固定の解除をクリック

たったこれだけで、以下のようにセルの固定が解除されました。
セルの固定解除後

再度、セルの固定をするときは、、以下の記事をご覧ください。

まとめ

本記事で解説したとおり、セルの固定の解除は、簡単かつ一瞬で終わります。他人が作成したデータだけでなく、セルの固定する場所を変えるときも役立ちます。

エクセルのセルを固定する3つの方法:表の見出しの固定」と合わせて活用し、より見やすい表の作成にお役立てください。

「もっとExcelを学びたい」というあなたに、おすすめの本です
おすすめの記事