エクセルに文書を入力していると、セルから文字がはみ出て、見づらくなります。確認しづらくなるだけならまだしも、このまま印刷をしてしまうと途中で途切れてしまいます。

データを人に見せたり、印刷して報告したりするとき、セルがはみ出た状態だと、内容が正確に伝わりません

そこでこのページでは、セル内で改行をし、見やすくする2つの方法を説明します。

1.「Altキー」と「Enterキー」を使う

まず、キーボードの「Altキー」と、「Enterキー」を使って、セル内の改行する方法を説明します。

なお、「Altキー」と「Enterキー」の場所は、以下の通りです。一度確認しておきましょう。
AltキーとEnterキーのイメージ

改行をしたい文書に、マウスカーソルを合わせ、左クリックをします。マウスカーソルを合わせるイメージ

次に、セル内の文字を編集するため、数式バー内で、改行したい場所を選択します。そして、キーボードの「Altキー」と「Enterキー」を同時に押すと、改行されるのです。AltキーとEnterキーを押す前のイメージ

改行が終わると、以下のようになります。
AltキーとEnterキーを押した後のイメージ

2つのキーを同時に押すのは、初めは苦戦するかもしれません。

しかし、何回か続けていくと、できるようになります。この機会に、練習してください。

2.メモ帳で改行した文書を貼り付ける

次に、メモ帳で改行した文書を作ってコピーし、セル内に貼り付ける方法を説明します。

まず、メモ帳を立ち上げます。Windowsの場合、「画面左下にある『Windowsマーク』をクリック → Windowsアクセサリー → メモ帳」の順で開いてください。
メモ帳を開くイメージ

メモ帳を開いたあとは、以下のように直接文書を入力します。
メモ帳に文書を入力するイメージ

入力したい文書が出来上がったあとは、「上記メニューにある『編集』をクリック → すべてを選択をクリック」します。
すべて選択をクリックするイメージ

入力した文字が全選択された後は、「コピー」をクリックします。
コピーをするイメージ

コピーできたあとは、再度、エクセルを開きます。そして、文書を追加したい、任意のセルを指定します。文書を貼り付けるセルを指定するイメージ

選択後、「数式バー」を左クリックして、カーソルを表示します。指定場所のカーソルを表示するイメージ

そして、貼り付けをクリックします。
貼り付けをクリックするイメージ

これで改行されました。
改行されたイメージ

「Altキー」と「Enterキー」を同時に押すのが苦手な方は、この方法をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。

この記事で述べた、セルの改行の仕方を取得することで、よりわかりやすい資料作成ができます。

慣れてくれば、メモ帳を使用しなくても改行できるようになります。その結果、作業スピードが上がり、より効率よく仕事が進められるでしょう。

ぜひ試してみてください。

「もっとExcelを学びたい」というあなたに、おすすめの本です
おすすめの記事