エクセルでデータ一覧を見ていると、見出しが消えて困ることがありますよね。たとえば以下のように、表の見出しが見えなくなってしまうパターンです。表の見出しが見えなくなってしまう

見出しを確認するためにその都度画面を移動すると、効率が悪いばかりか、データを間違えて読む可能性があります

そのような誤りを起こさないために、このページは「セルを固定する3つの方法」を紹介させていただきます。表の作成にお役立ていただけると幸いです。

1.ウィンドウ枠の固定を使う

見出しを固定したいときは、「ウィンドウズ枠の固定」を使います。

まず、固定したいセルの右下に、カーソルを合わせます。カーソルを合わせる

次に、上記メニューにある「表示タグ」をクリックします。
「表示タグ」をクリック

表示が切り替わったら、「ウィンドウ枠の固定」をクリックしてください。
「ウィンドウ枠の固定」をクリック

「ウィンドウ枠の固定」をクリック

たったこれだけで、以下のようにセルが固定されました。 セルが固定され

なお、セルの固定を解除したいときは、以下の記事をご覧ください。

[kanren postid = "530" ]

2.先頭行の固定

2つ目の方法は、「先頭行の固定」です。見出しが一番最初の行のみの場合は、先頭行のみ固定できます。

まず、先頭行に見出しを合わせます。
先頭行に見出しを合わせ

次に、先頭行の固定をクリックします。先頭行の固定をクリック

すると、以下のように先頭行が固定されました。先頭行が固定

前述の通り、見出しが先頭行だけの場合に役立ちます。

3.先頭列の固定

最後に、「先頭列の固定」もご紹介します。セルの固定は「行(横)」だけでなく、「列(縦)も可能なのです。

手順としてはまず、先頭列に見出しを合わせます。先頭列に見出しを合わせ

次に、「先頭列の固定」をクリックします。
「先頭列の固定」をクリック

先頭列が固定されました。
先頭列が固定

行と列を使い分けることで、より見やすく、操作性の高い表を作成できるようになります。

セル固定を解除したいときは、以下の記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたか。

セルの固定は表の作成や編集がしやすくなるだけでなく、他の見る人にも親切です。

データの見間違いを起こさないためにも、セルの固定方法を覚えておきましょう。

もし、セルの固定を解除をするときは、「エクセルのセル固定を一瞬で解除する方法:表の見出しの解除」を、ご活用ください。

「もっとExcelを学びたい」というあなたに、おすすめの本です
おすすめの記事