エクセルで文字や数字を記入していると、途中で文書が切れて見づらくなります。

例えば、以下の表のように、文字や日付の一部が消えている状態です。
セルの書式設定をする前のイメージ

全文を表示するためには、個別にセルの幅を変えたり、文字を小さくしたりする必要があります。

とは言え、セルの大きさや文字を、1つ1つ手で調整するのは、とても面倒ですよね。

また、表の配置や印刷用紙の大きさの制約があり、セルの長さや幅を広げられず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこでこのページでは、セル内の文字を簡単におさめ、全ての文書を表示する3つの方法をご紹介します。

  • 折り返して全体を表示する
  • 縮小して全体を表示する
  • セルを結合する

これら3つの手法を使うと、表の配置や大きさの変更を最小限におさえて、セル内に全文表示ができるのです。ぜひ、参考にしてください。

1.「折り返して全体を表示する」方法

「折り返して全体を表示する」には、まず、対象の文字を選択します。

次に、「ホーム」タグの「折り返して全体を表示する」をマウスでクリックしてください。

このわずかな操作で、文字の折り返しができます。

より理解を深めるための例として、以下のデータを使って説明します。
セルの書式設定をする前のイメージ

まず、折り返したい文字が含まれるセルを指定します。
セルを選択するイメージ

次に、「ホーム」タグを選択し、「折り返して全体を表示する」をマウスでクリックしてください。
セルの折り返しをクリックするイメージ

すると、セルの中で文字を折り返し、すべての文字が表示されました。セルの折り返し設定後のイメージ

この手法は、「列の幅と文字の大きさを固定し、行の幅だけで調整する」ときに、使うことをお勧めします。

なお、改行場所を指定する(例えば「カナダドル」を、「カナダ」と「ドル」で分ける)ときは、「エクセル(Excel)セル内で改行する2つの方法」をご確認ください。

2.「縮小して全体を表示する」方法

次に、縮小して全体を表示する方法を説明します。文字を選択するところまでは、前項と同じです。

ただし、ここから前述の内容と変わります。

「ホーム」タグから「書式」を指定し、「セルの書式設定」をクリックします。

そして、セルの書式設定をクリックして現れた画面から、「縮小して全体を表示する」のチェックを入れてください。

これで、文字の大きさを小さくして、全文を表示できます。

まず、縮小したい文字が含まれるセルを指定してください。縮小するセルを指定するイメージ

次に、「ホーム」タグから、「書式」をクリックし、現れたメニューから、「セルの書式設定」を選択します。セルの書式設定を指定するイメージ

セルの書式設定を選択して表示された画面の、「縮小して全体を表示する」のチェックを付けて、OKをクリックします。
縮小して全体を表示するにチェックを付けるイメージ

これで、以下のように文字の大きさ変えて、全体を表示できました。
縮小して全体を表示した後のイメージ

「縮小して全体を表示する」方法は、セルの大きさを変えずに全文を表示するときに便利です。

ただ、文書の長さによっては、読めなくなるほど文字が小さくなるときがあります。印刷したり、作った表を他人に渡したりする前に、一度確認されることを勧めます。

3.「セルを結合する」方法

「セルを結合する方法」は、2つ以上のセルを結合して、1つのセルとして表示する方法です。

まず、結合したいセルを選択します。
結合したいセルを選択するイメージ

次に、「ホーム」タグを選択し、「セルを結合して中央揃え」をクリックしてください。
セルを結合して中央揃えを選択するイメージ

すると、以下のようにセルを結合し、日付が全て表示されました。
セルを結合し全て表示されたイメージ

この方法は、対象セルの近くに空白セルがある場合に限ります。前項の「縮小して全体を表示する」方法では文字が小さくて読めないときに、使うことをおすすめします。

まとめ

本記事では、セルに収まりきれない文書を、全て表示する3つの方法をご紹介させていただきました。

  • 折り返して全体を表示する
  • 縮小して全体を表示する
  • セルを結合する

この3つの手法を使うと、1つ1つ手動で調整する手間が省けますし、表の配置や大きさの変更を最小限に抑えられます。

エクセル(Excel)セル内で改行する2つの方法」と合わせて利用していただくと、よりわかりやすい表を作れます。ぜひお役立てください。

「もっとExcelを学びたい」というあなたに、おすすめの本です
おすすめの記事